2012年06月24日

新日鉄の電磁鋼板の技術とポスコ

新日鉄の鉄鋼の技術
新日鉄の電磁鋼板の技術

かわいい「鉄の薄板・厚板がわかる本」 (詳細クリック!)
編著:新日本製鉄(株)



主要な鉄鋼製品である「薄板」「厚板」などに焦点を当て、そのつくり方から最新技術までをカラー図解でわかりやすく紹介。

薄板とは、自動車や家電製品、屋根材、家具、ガードレールなど、きわめて多くの用途に使われている鉄鋼製品。
一方、厚板は、建築、船舶、橋梁、タンク・圧力容器、建設機器など巨大な施設には欠かせない、産業基盤を支える鉄鋼製品です。これらに加え、筒状に成型された「鋼管」、耐久性、防食性を高める「表面処理技術」などについても紹介

<目次>
第1章 多彩な鉄づくりのルーツ、軟らかい鉄への挑戦…薄板(1)
第2章 自動車の安全性を高める強さへの挑戦…薄板(2)
第3章 鉄に新たな機能をのせる…表面処理技術(家電用鋼板編)
第4章 強靱な鉄で社会インフラを支える…厚板
第5章 過酷な使用環境に耐える品質を追求…鋼管
第6章 鉄の無限の可能性を切り拓く…解析技術
第7章 鉄に願いを
特別編 自然の恵みを豊かな暮らしのために…鉄鋼原料








位置情報鉄鋼 - Yahoo!ニュース
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/economy/steel_companies/


ペン韓国・ポスコ“技術パクリ”疑惑 新日鉄との関係に亀裂も
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/120601/biz12060108370020-n1.htm
(MSN産経ニュース 2012.6.1 8:28)


ペン新日鉄、技術不正取得訴訟で12億ドルの賠償要求
http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPTYE85L05K20120622
韓国の鉄鋼大手メーカー、ポスコは2012年6月22日、電磁鋼板の技術を不正に取得したとして新日本製鉄に訴訟を起こされている問題をめぐって、新日鉄側は1兆4000億ウォン(約12億ドル)の損害賠償を要求している、と明らかにした。ポスコは、訴訟に関しては、果敢に戦うとの姿勢を示した。
(ロイター 2012年6月22日)








ー(長音記号2)新日鉄の株価
http://jp.reuters.com/investing/quotes/quote?symbol=5401.T

ー(長音記号2)ポスコ(POSCO)の株価
http://jp.reuters.com/investing/quotes/quote?symbol=005490.KS


本鉄鋼や鉄鋼業界に関する書籍









ペンビジネスと経済ニュース

ペンビジネススキルとキャリアアップ










新日鉄がポスコを技術不正取得訴訟


posted by 知的好奇心 at 10:46| 工学 電気工学 機械工学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月11日

鉄道技術(鉄道車両技術,安全対策,高速鉄道,電気工学,研究) 掲示板

<鉄道技術>
山手線と東海道新幹線.jpg

ひらめき「山手線と東海道新幹線では、どちらが儲かっているのか?」










イベント「鉄道技術展」
http://www.mtij.jp/
鉄道技術の展示イベント

<出展製品>

位置情報鉄道車両
車両技術 (構造、部品・材料、管理、力学、検査・保守)、省エネルギー車両

位置情報旅客部
旅客部構造 (構造、部品・材料、管理、力学、試験・検査・保守)、快適性・安全性の追求、ユニバーサルデザイン、バリアフリー

位置情報軌道構造
軌道技術(構造、部品・材料、管理、力学、検査・保守)、架線、トンネル、橋梁、高架橋、信号保安装置、電力供給技術、車両基地、車両工場、防災技術(地震、降雨、降雪、強風、斜面の危険、河川の氾濫など)

位置情報運行システム
車両制御技術、気象情報、輸送計画、安全と運転事故防止対策、電力供給計画(省エネルギー対策)、鉄道通信・無線、路線計画、騒音・振動対策、運行情報、

位置情報乗客利用部
構造物技術、駅の快適性(安全、ユニバーサルデザイン、バリアフ リー、照明・LED)、防災対策、線路上空利用、旅客営業のための設備、駅中ビジネス、駅周辺の開発計画、予約システム、

位置情報交通システム
超高速鉄道、都市高速鉄道、路面電車、モノレール、新交通システム、都市交通・急こう配鉄道、地下鉄、貨物、

位置情報海外の鉄道事情
鉄道技術、鉄道の輸出入、









位置情報公益財団法人 鉄道総合技術研究所
http://www.rtri.or.jp/index_J.html
車両、土木、電気、情報、材料、環境、人間科学など、鉄道技術に関するあらゆる分野を対象


位置情報一般社団法人 日本鉄道技術協会
http://www.jrea.or.jp/
鉄道技術の進歩改善、鉄道技術に関する知識の普及及び鉄道技術者の技術の向上を促進、支援
(1)鉄道事業に資する技術の進歩改善に関する調査研究
(2)鉄道の安全に関する調査研究
(3)鉄道におけるサイバネティクス技術に関する調査研究及び規格の制定、管理
(4)鉄道技術に関する文献・資料の収集、整理、保管
(5)鉄道技術に関する研究報告書、技術情報誌、図書の刊行及び鉄道技術に関する知識の普及
(6)鉄道技術者の表彰
(7)鉄道技術に関する研究会、講演会、講習会、見学会などの開催
(8)海外鉄道との技術交流の促進
(9)その他、この法人の目的を達成するために必要な事業




鉄道技術.jpg
本「定刻発車 日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか?」 (詳細クリック!)


本「電車の運転」 運転士が語る鉄道のしくみ (詳細クリック!)


本「車両研究」で広がる鉄の世界 設計の意図と理由が見える本 (詳細クリック!)


本「配線略図」で広がる鉄の世界 路線を読み解く&作る本 (詳細クリック!)



<鉄道のテクノロジー>












イベント電車鉄道



鉄道技術(鉄道車両技術,安全対策,高速鉄道,電気工学,研究) 掲示板
posted by 知的好奇心 at 02:20| 工学 電気工学 機械工学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

ロボットテクノロジー(人型ロボット,医療ロボット,介護ロボット)ロボット工学 掲示板

ホンダASIMOから小型ジェット機.jpg

ひらめき「Honda 明日への挑戦: ASIMOから小型ジェット機まで」 (詳細クリック!)


位置情報「ASIMO」(Honda)
http://www.honda.co.jp/ASIMO/
ホンダのヒューマノイド ロボット(人間型ロボット)

ペンホンダ:ロボット「ASIMO」の新型発表 自ら判断し行動
http://mainichi.jp/select/wadai/graph/20111108_2/
 ホンダは2011年11月8日、人間型ロボット「ASIMO」の新型を発表した。自動制御装置を新たに搭載して自律性を高め、人の操作を介さず連続で動き続けるようになった。知能、身体両面での状況適応能力も向上させ、公共の場所などでの実用化に近づいた。同社は「『新型ASIMO』は、周囲の人の動きに合わせて自ら行動する『判断』能力を備えたことによって、これまでの『自動機械』から『自律機械』へと進化した」としている。
 知的能力については、各種センサーからの情報を総合的に判断し、周囲の状況や自身の行動決定などを行うシステムを新たに開発。行動の途中でも相手の反応に応じて行動を変えたり、人の動きなどに合わせて対応できるようになった。視覚センサーと聴覚センサーを連動させ、顔と音声を同時に認識することで、人には難しい複数人の発話を同時に聞き分けられるという。
 身体能力も高まった。従来よりも脚力を強くしたことや脚の可動域を拡大したことに加え、着地位置を動作中に変更できる新たな制御技術を取り入れたことで、歩行や走行、バック走行、片足ジャンプ、両足ジャンプなどを連続して行えるように。これにより、凹凸のある路面でも安定姿勢を保って歩けるなど、外部の状況の変化に、より柔軟に適応できるようになった。
 作業機能については、手には手のひらに触覚センサー、5本の指にそれぞれ力センサーを内蔵し、指は独立して制御できるように。視覚や触覚と組み合わせた物体認識技術と組み合わせることで、瓶を手に取ってふたをひねり、中身の液体を軟らかい紙コップに注ぐなど、器用な作業が可能になった。複雑な指の動きが必要な手話表現もできるという。









ロボットテクノロジー.jpg

ひらめき「ロボットテクノロジー」 (詳細クリック!)
(*)ロボットフロンティア;最先端科学との融合領域
(*)ロボットシステム;様々なロボットハードウェア
(*)ロボットアプリケーション;様々な領域へと挑戦するロボット技術
(*)ロボットハードウェア;ロボットハードウェアの新潮流
(*)ロボットソフトウェア;ロボット制御用ソフトウェアの進化
(*)ロボットモーション;ロボットの運動生成技術
(*)ロボットパーセプション;ロボットのための認識・計測技術
(*)ロボットコンテスト;ロボットコンテストの歴史と現状





イベント「国際ロボット展」
http://www.nikkan.co.jp/eve/irex/
産業用・民生用ロボットおよび関連機器の展示イベント。
製造業の発展に大きく貢献してきたロボット技術は、生産現場から私達の生活の場までその活躍を拡げ、モノづくり・安全安心・医療福祉の分野でも諸問題の解決に向けて挑戦を続けています。相次いで開発され、実用化に近づいているSR(サービスロボット)やRT(ロボットテクノロジー)は、新しい産業創成の担い手としての期待が高まっています。


イベント「ROBOTECH次世代ロボット製造技術展」
http://www.micromachine.jp/
MEMS(微小電気機械素子システム)、超精密・微細加工、ナノテク、バイオと応用システム・サービスロボット要素技術に関する見本市イベント。


イベント「ロボカップジャパンオープン」
http://www.robocup-japanopen.org/
ロボカップは、ラジコンのような人の操作によらず、自分で考えて動く自律移動型ロボットたちの競技会です。2050 年までに、人間のワールドサッカー優勝チームに勝てる、自律移動のヒューマノイドロボットを完成させるという、壮大な目標を立てた研究者、企業、学生が集い、一般の方にも最新の成果を披露する場として開催。


イベント「ロボット大賞」
http://www.robotaward.jp/
ロボット大賞は、世界をリードする新産業創造に向けて、ロボット技術の革新や需要の喚起を目的として、産業・公共・生活分野において、今年活躍した、将来の市場創出への貢献度、期待度が高いロボットを称える表彰制度です。








位置情報「社団法人 日本ロボット工業会」
http://www.jara.jp/
ロボット及びそのシステム製品に関する研究開発の推進及び利用技術の普及促進等を行うことにより、ロボット製造業の振興を図るとともに、広く産業の高度化及び社会福祉の向上に資し、ひいては国民経済の健全な発展と国民生活の向上に寄与することを目的としています。


位置情報「介護ロボット普及推進事業」
http://www.kaigo-robot-kanafuku.jp/
我が国は世界でも経験したことのない超高齢社会を迎えます。私たちは、介護分野が直面する課題(例えば、介護する側の負担軽減、介護される側の自立支援)の解決などを目的に、全国に先駆けて介護ロボットの普及を実証する「介護ロボット普及推進事業」に取り組んでいます。


位置情報「トヨタ パートナーロボット」
http://www.toyota.co.jp/jpn/tech/partner_robot/
「人との共生」を目指して、医療、介護、生活、仕事のシーンで、人のパートナーとして人をサポートするパートナーロボットの開発を進行中。










ロボットイノベーション.jpg

ひらめき「ロボットイノベーション」 (詳細クリック!)
人間の代わりをするレスキューロボットや戦争ロボットから、
日本のロボット研究が得意とするヒト型ロボットまで、
次世代のモノづくりの核となる研究を紹介。
ビル・ゲイツの記事「ホームロボット時代の夜明け」も収録。






いい気分(温泉)注目の話題
http://googletopic.dtiblog.com/



ロボットテクノロジー(人型ロボット,医療ロボット,介護ロボット)ロボット工学 掲示板
posted by 知的好奇心 at 22:40| 工学 電気工学 機械工学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年02月13日

ナノテクノロジー

イベント国際ナノテクノロジー総合展・技術会議(nano tech 2011)」(東京)
http://www.nanotechexpo.jp/
2011年(平成23年)2月16日(水)〜18日(金)、東京ビッグサイトにて開催です。

(*)材料・素材
フラーレン、ナノチューブ、フォトニクス材料、複合材料、高性能磁性材料、ナノクラスター、ナノガラス、ナノ粒子コロイド、ナノコーティング、ナノメタル、ナノセラミックス、ナノコンポジット材料、超高純度材料

(*)IT・エレクトロニクス
量子ドット・細線、量子デバイス、単一分子デバイス、光デバイス、次世代LSI、 データストレージ、次世代電池、次世代ディスプレイ、光通信材料

(*)バイオテクノロジー
ドラックデザイン、DNAチップ、たんぱく質チップ、DDS、バイオリアクター、ゲノム創薬、ヘルスケアチップ、マイクロTAS、再生医療、DNAマニピュレーション、分子イメージング

(*)環境・エネルギー
光触媒、水素吸蔵タンク、排ガス触媒、燃料電池材料(膜、電極、システム)、2次電池材料 、エネルギーストレージ、環境評価・モニタリング・非破壊検査システム、環境浄化・負荷低減型技術

(*)評価・計測
光学顕微鏡、SPM・AFM、LSI試験用プロ−バ、超精密測定機器設計ツール、シミュレーション、電子顕微鏡(SEM・TEM)、分子設計ソフトウェア、ピエゾステージ

(*)MEMS
情報・通信機器、センサ・スイッチ、ジャイロ、赤外線イメージャ、小型モーター、微細・狭所作業ツール、カテーテル・内視鏡

(*)超微細加工技術
薄膜製造技術、エッチング、レーザー・イオンビーム加工、電子ビーム加工、 微小放電加工、微細回路製造用露光装置、超精密表面加工技術、ナノ粒子混合・分散・粉砕技術、フュージョン・ボンディング技術、次世代リソグラフィー、ナノインプリント、フェムト秒レーザー









ナノテクノロジー.jpg

ひらめき「ここまで来たナノテクノロジー 産業化する原子の世界」
原子2、3個程度の長さであるナノメートル。普通の物理法則が通用しないこのナノスケールの世界が、人間の実生活を大きく動かそうとしている。電子顕微鏡でさえ見えない世界で何が行われているのか 何をしようとしているのか 本書では原子世界での法則やナノテクノロジーの基本理論を解説しながら、工業、医療など身近な世界へ広がっている現在のナノテクノロジーの現場を紹介。
第1章:時代は「超微細化」へ
第2章:微細な世界ではこんな事が起こっている
第3章:自然・生物に学ぶナノテク−古来からのお手本
第4章:微細な世界をのぞく−ナノテクを支えるのに欠かせない、ナノを見る技術、操作する技術
第5章:ナノの世界を操る
第6章:ナノエレクトロニクス
第7章:出番を待つ最先端技術












<ナノカーボン>
「フラーレン」、「カーボンナノチューブ」、「ナノピーポッド」、
カーボンナノチューブ.jpg

ひらめき「ナノカーボンの科学」
黒鉛ともダイヤモンドとも違うまったく新しい構造をもった炭素の新物質、フラーレン、カーボンナノチューブ、ナノピーポッド、、、。「ナノカーボン」と総称されるこれらの新物質の大発見の裏側をつぶさに語る。














<シェールガス、レアアース資源、、>
日本の低炭素戦略、企業のカーボンマネジメント戦略はどこに向かうべきか。
シェールガス.jpg

ひらめき「世界を変える、クール・ソリューション」 (詳細クリック!)
世界中に拡がる「シェールガス革命」の波とレアアースなどの資源覇権戦略が、世界のエネルギー地図を一気に塗り替えようとしている。この熾烈な競争に勝ち残るための、日本の低炭素戦略と、企業のカーボンマネジメント戦略のベスト・ソリューションを提示する。







posted by 知的好奇心 at 17:42| 工学 電気工学 機械工学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

CEATEC JAPAN 2010

ぴかぴか(新しい)「CEATEC JAPAN 2010(シーテック ジャパン)」(千葉市)
http://www.ceatec.com/2010/ja/index.html
最先端IT・エレクトロニクス総合展が、2010年(平成22年)10月5日(火)〜9日(日)、幕張メッセにて開催です。


<特別展示・企画>

(*)電力の需給関係をIT 技術で効率的に調整するスマートグリッド(次世代電力網)が新たな市場として注目されていますが、CEATEC JAPAN 2010 では、グリーンIT と省エネ、環境関連要素技術、創エネ・蓄エネ、スマートハウス、電気自動車(EV)や社会インフラまでを網羅した、日本型スマートグリッドを世界に向けてアピールします。更に、スマートグリッドと一体となった近未来都市を紹介する3D シアターを展開するほか、電気自動車の試乗会などを行います。

(*)2011年7月にはアナログ放送は終了しますが、CEATEC JAPAN 2010では、地上デジタル放送への完全移行に向けて、新しい放送や視聴スタイルをご提案します。また、ネットワークによってつながるさまざまな端末の相互接続や、期待値の高い新しい通信サービス、モバイルPCの最新モデルなどをタッチ&トライコーナーでご紹介します。

(*)ビジネスの裾野を広げるために、地域との連携や、ベンチャー企業・研究・教育機関との連携によって、IT・エレクトロニクス産業の発展を目指します。また、日本のものづくりを継承していくためにも、ものづくりを支える人材育成の場として、産学連携してまいります。

(*)電子情報通信学会は、CEATEC JAPAN 2010の会期中に幕張メッセにおいて、4つの基調テーマと3つの個別テーマに関して研究会を開催いたします。CEATEC JAPAN 2010での展示に関連した内容で、多岐に亘る「電子・情報・通信」の分野に対応した技術的な背景を発表議論する研究会です。今回の試みにより『CEATEC JAPAN 2010』に来場される方々の当分野と電子情報通信学会に関する理解がより深まることを期待しています。

(*)米国のIT、家電系ジャーナリストを中心に構成される選考委員が、革新性に優れ、今後の米国市場への影響力が高いと評価される出展製品を選定します。その情報は参加メディアを通じて全世界に配信されます。








ぴかぴか(新しい)スマートグリッドの構成技術と標準化

ぴかぴか(新しい)太陽光発電システムがわかる本 基礎知識から導入・設計・施工まで

ぴかぴか(新しい)センサネットワーク技術 ユビキタス情報環境の構築に向けて

ぴかぴか(新しい)LED照明信頼性ハンドブック

ぴかぴか(新しい)ナノテクノロジーと有機材料

ぴかぴか(新しい)次世代環境ビジネス 成長を導き出す7つの戦略

ぴかぴか(新しい)イノベーションのジレンマ 技術革新が巨大企業を滅ぼすとき

ぴかぴか(新しい)クラウドの衝撃 IT史上最大の創造的破壊が始まった





サーチ(調べる)あなたの専門分野は?
デジタル家電、モバイル・パーソナル情報端末、エレクトロニクス、ソフトウェア、クラウドコンピューティング、仮想化ソリューション、ホームネットワークシステム、デジタルサイネージ、スマートグリッド、RFID、半導体、電子デバイス、受動部品、機構部品、機能部品、リチウムイオン電池、太陽電池、液晶パネル、製造装置、ナノテクノロジー、ハードウェア設計、ソフトウェア設計、、







図解で解りやすい!






フェラーリの香水
フェラーリライトエッセンス.jpg

ぴかぴか(新しい)「フェラーリ ライトエッセンス」
フレッシュでクリーン、エレガントな香り











禁煙に挑戦したい人へ
タバコがやめられる.jpg

ぴかぴか(新しい)あなたも30分でタバコがやめられる!










カッコいいライター
エレキギター画像.jpg

ぴかぴか(新しい)おもしろライター「光るエレキギター」





posted by 知的好奇心 at 10:48| 工学 電気工学 機械工学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

AR:Augmented Reality(拡張現実)

AR(拡張現実).jpg

かわいい「ARのすべて-ケータイとネットを変える拡張現実」
ARは、「ネット上の情報」と「現実世界」とを融合させる技術やアプリケーションのこと。
例えばケータイの位置情報と連携させ、ユーザーがケータイのカメラで映した映像に、関連する情報を重ね合わせて表示するといった画期的なARアプリケーションが登場しています。





ペンAR(拡張現実) - Wikipedia
拡張現実感(かくちょうげんじつかん)とは現実環境にコンピュータを用いて情報を付加提示する技術、および情報を付加提示された環境そのものを示す。英語表記はAugmented Reality 、省略形はAR。
バーチャルリアリティと対を成す概念。強化現実とも呼ばれ、現実の環境(の一部)に付加情報としてバーチャルな物体を電子情報として合成提示することを特徴とする。



AR:Augmented Reality(拡張現実)




東京ゲームショウ2010で話題!

AR(拡張現実)の技術を利用して、
iPhoneで操るラジコンヘリコプター
「AR・ドローン」が日本上陸!





台風「AR・ドローン(AR.Drone)」



AR・ドローン.jpg

ぴかぴか(新しい)「AR・ドローン(AR.Drone)」  (詳細クリック!)




位置情報東京ゲームショウに謎の飛行物体「AR・ドローン」
http://www.sanspo.com/shakai/news/100917/sha1009172248028-n1.htm
2010年10月16日から開催のゲーム見本市「東京ゲームショウ」で、フランス企業が出展した“謎の飛行物体”が話題となっている。プロペラが付いた機器を、米アップルのスマートフォン(高機能携帯電話)「iPhone(アイフォーン)」を使って操作するもので、ブースには多くの来場者が体験しようと列を作った。
この機器は、フランスの無線機器メーカーであるパロットの新型ゲームシステム「AR・ドローン」。



ARドローン.jpg



位置情報iPhoneで操るラジコンヘリ「AR・ドローン」が日本上陸
http://www.afpbb.com/article/economy/2754279/6162093
米アップル(Apple)の多機能携帯電話iPhone(アイフォーン)とのWi-Fi接続で操縦する小型ラジコンヘリコプター「ARドローン(AR. Drone)」







AR(拡張現実)
posted by 知的好奇心 at 05:58| 工学 電気工学 機械工学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

リチウムイオン電池

TV「NHKスペシャル 自動車革命 リチウム電池 国益をかけた攻防」(NHK総合)
http://www.nhk.or.jp/special/onair/100509.html
2010年(平成22年)5月9日(日)PM9:00〜 NHK総合で放送です。
リチウムイオン電池の開発や今後の行方を追うそうです。

リチウムイオン電池.jpg

ひらめきSANYO USB出力付きリチウムイオンバッテリー (専用高容量リチウムイオン電池使用) KBC-L2AS











ペンリチウムイオン二次電池 『ウィキペディア(Wikipedia)』
リチウムイオン二次電池(リチウムイオンにじでんち、lithium-ion rechargeable battery)とは、非水電解質二次電池の一種で、電解質中のリチウムイオンが電気伝導を担う二次電池である。現在では、正極にリチウム金属酸化物を用い、負極にグラファイトなどの炭素材を用いるものが主流となっている。単にリチウムイオン電池、リチウムイオンバッテリー、Li-ion電池ともいう。

リチウムイオン電池の特徴、利点
非水系の電解液を使用するため、水の電気分解電圧を超える高い電圧が得られ、エネルギー密度が高い。このような特徴からノートパソコンなどに多く使用されている。
メモリー効果が小さく、携帯電話やデジタルオーディオプレーヤーなどのような継ぎ足し充電をする機器に適している。金属リチウム二次電池に対する最大の利点は、デンドライト問題(充放電の繰り返しに伴い電極にデンドライト状(樹枝状晶)リチウムが析出し、電極を短絡させる現象)がほぼ存在しないことにある。
また、自己放電特性(充電エネルギーの保持特性)はニカド電池やニッケル水素電池より格段によい。










本主なリチウムイオン電池メーカー (材料メーカー、関連メーカーを含む)

(株)エジソンパワー http://www.edisonpower.co.jp/
エナックス(株) http://www.enax.jp/
NEC トーキン(株) http://www.nec-tokin.com/
エヌ・イー・ピー(NEP)(株) http://www.nepinc.co.jp/
FDK(株) http://www.fdk.co.jp/index.html
オーク(株) http://oak-ele.com/index.html
オリンパス(株) http://www.olympus.co.jp/jp/
三洋電機(株)(SANYO・サンヨー) http://battery.sanyo.com/product/lithum-ion/
三洋ジーエス・ソフトエナジー(株) http://www.sygs.biz/index.html
シャープ(株) http://www.sharp.co.jp/products/index.html
ソニー(株) http://www.sony.jp/
セイコーインスツル(株) http://www.sii.co.jp/
(株)GSユアサ http://home.gyps.gs-yuasa.com/products/index.html
パナソニック(Panasonic)(株) http://panasonic.co.jp/ec/
日立製作所(株) http://www.hitachi.co.jp/
日立マクセル(株) http://www.maxell.co.jp/jpn/
古河電池(株) http://www.furukawadenchi.co.jp/research/new/li_ion.htm
(株)ベイサン http://www.baysun.net/
(株)村田製作所 http://www.murata.co.jp/products/article/ta06c3/index.html
(株)ネクセル http://www.nexcell.co.jp/
リッセル(株) http://www6.ocn.ne.jp/~litcel/index.html

オート・モーティブ・エナジー・サプライ(AESC)(株) http://www.eco-aesc.com/
エリーパワー(株) http://www.eliiypower.co.jp/
新神戸電機(株) http://www.shinkobe-denki.co.jp/
(株)東芝 http://www.scib.jp/
パナソニックEVエナジー(株) http://www.peve.jp/
日立ビークルエナジー(株) http://www.hitachi-ve.co.jp/
(株)ブルーエナジー http://www.honda.co.jp/news/2009/c090421.html
三菱電機(株) http://www.mitsubishielectric.co.jp/
(株)リチウムエナジージャパン http://lithiumenergy.jp/jp/
 
AGCセイミケミカル(株) http://www.seimichemical.co.jp/
JFEミネラル(株) http://www.jfe-mineral.co.jp/
住友金属鉱山(株) http://www.smm.co.jp/
住友大阪セメント(株) http://www.soc.co.jp/
田中化学研究所(株) http://www.tanaka-chem.co.jp/
戸田工業(株) http://www.todakogyo.co.jp/
日鉱金属(株) http://www.nikko-metal.co.jp/
日亜化学(株) http://www.nichia.co.jp/jp/about_nichia/index.html
日本化学工業(株) http://www.nippon-chem.co.jp/
日本電工(株) http://www.nippondenko.co.jp/top-j.htm
三井造船(株) http://www.mes.co.jp/press/2006/20060710.html
三菱化学(株) http://www.m-kagaku.co.jp/
 
JFEケミカル(株) http://www.jfe-chem.com/
石原産業(株) http://www.iskweb.co.jp/
大阪ガスケミカル(株) http://www.ogc.co.jp/
(株)クレハ http://www.kureha.co.jp/
昭和電工(株) http://www.sdk.co.jp/
新日本石油(株) http://www.eneos.co.jp/
住友化学(株) http://www.sumitomo-chem.co.jp/
住友ベークライト(株) http://www.sumibe.co.jp/
東海カーボン(株) http://www.tokaicarbon.co.jp/
日本カーボン(株) http://www.carbon.co.jp/jpn_index.html
日本コークス工業(株) http://www.n-coke.com/
日立化成工業(株) http://www.hitachi-chem.co.jp/japanese/index.html
福田金属箔粉工業(株) http://www.fukuda-kyoto.co.jp/
本荘(ほんじょ)ケミカル(株) http://www.honjo-chem.co.jp/
三井金属鉱業(株) http://www.mitsui-kinzoku.co.jp/news/pdf/2008/topics_080410.pdf
三井鉱山マテリアル(株) http://www.tic-mi.com/publ/essay/hoka/0401hukuda.pdf
三菱化学(株) http://www.m-kagaku.co.jp/

JSR(株) http://www.jsr.co.jp/
出光興産(株) http://www.idemitsu.co.jp/index.html
宇部興産(株) http://www.ube-ind.co.jp/japanese/index.htm
関東電化工業(株) http://www.kantodenka.co.jp/01product/index.htm
キシダ化学(株) http://www.kishida.co.jp/index.html
ダイキン工業(株) http://www.daikin.co.jp/index.html
昭和電工(株) http://www.sdk.co.jp/
ステラケミファ(株) http://www.stella-chemifa.co.jp/
住友化学(株) http://www.sumitomo-chem.co.jp/
セントラル硝子(株) http://www.cgco.co.jp/
ソニーエナジー・デバイス(株) http://www.sonyenergy-devices.co.jp/outline/prospectus.html
チッソフィルター(株) http://www.chisso.co.jp/filter/index.html
(株)デンソー http://www.denso.co.jp/ja/news/newsreleases/2010/100112-01.html
東亞合成(株) http://www.toagosei.co.jp/
東洋合成工業(株) http://www.toyogosei.co.jp/
富山薬品工業(株) http://www.tomypure.co.jp/index.html
日本化学工業(株) http://www.nippon-chem.co.jp/
日本合成化学工業(株) http://www.nichigo.co.jp/
日本曹達(そーだ)(株) http://www.nippon-soda.co.jp/
日立粉末冶金(株) http://www.hitachi-pm.co.jp/
日本ゼオン(株) http://www.zeon.co.jp/
日油(にちゆ)(株) http://www.nof.co.jp/
森田化学工業(株) http://www.morita-kagaku.co.jp/
(株)MORESCO http://www.moresco.co.jp/products/material_section/
マイクロ・ビークル・ラボ(株) http://www.mvl.co.jp/index.html
三井化学(株) http://jp.mitsuichem.com/
ミツミ電機(株) http://www.mitsumi.co.jp/
三菱化学(株) http://www.m-kagaku.co.jp/index.htm
(株)ブリヂストン http://www.bridgestone.co.jp/
古河サーキットフォイル(株) http://www.furukawa.co.jp/what/2002/fcf021112.htm
 旭化成イーマテリアルズ(株) http://www.asahi-kasei.co.jp/ake-mate/jp/index.html
旭化成ケミカルズ(株) http://www.asahi-kasei.co.jp/chemicals/jp/index.html
住友化学(株) http://www.sumitomo-chem.co.jp/
テイカ(株) http://www.tayca.co.jp/
東燃ゼネラル石油(株) http://www.tonengeneral.co.jp/apps/tonengeneral/index.html
帝人(株) http://www.teijin.co.jp/
東洋紡績(株) http://www.toyobo.co.jp/index.htm
東レ(株) http://www.toray.co.jp/
日本バイリーン(株) http://www.vilene.co.jp/electric/sep.htm
三菱樹脂(株) http://www.mpi.co.jp/
富士化成(株) http://www.fujikasei.net/product/detail_174.php
 
(株)IHI http://www.ihi.co.jp/index.html
NTT(株) http://www.ntt-fsoken.co.jp/research/pdf/2004_ichi.pdf#search=
九州電力(株) http://www.kyuden.co.jp/press_h080515-1.html
第一工業製薬(株) http://www.dks-web.jp/j/topics/pdf/20090126.pdf
(株)電源設計 http://www.dc-power.co.jp/index.html
東京電力(株) http://www.tepco.co.jp/index-j.html
TDK(株) http://www.tdk.co.jp/
日清オイリオ(株) http://www.nisshin-oillio.com/
日本板硝子(株) http://www.nsg.co.jp/products/glass-paper/thin.html
(株)日本触媒 http://www.shokubai.co.jp/
日本ゼオン(株) http://www.zeon.co.jp/press/091109_02.html
 アオイ電子(株) http://www.aoi-electronics.co.jp/aoi_j_pro_poly.html
(株)セイキ http://www.e-seiki.co.jp/dyna/index6.html
















ビジネス最先端 リチウムイオン電池 掲示板
posted by 知的好奇心 at 14:05| 工学 電気工学 機械工学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月10日

イノベーション

イノベーション
ひらめき「技術力で勝る日本が、なぜ事業で負けるのか」
技術で勝っても、知財権をとっても、国際標準をとっても、事業で負ける日本企業。その構造を明快に解き明かし、技術立国日本の生き残りをかけた処方箋を提示。急所技術を見極めた研究開発、抜け目のない知財マネジメント、それらを前提とした「市場拡大」と「収益確保と」を両立させるビジネスモデル構築という三位一体経営による競争戦略とは。  (詳細クリック!)









イベントイノベーション・ジャパン2009 - 大学見本市
http://expo.nikkeibp.co.jp/innovation/
2009.9.16〜2009.9.18 東京国際フォーラム
国内大学の最先端技術の展示、産学連携の促進。









ペン初心者のための 特許出願 完全・最短理解の手引き

ペンイノベーションのジレンマ 技術革新が巨大企業を滅ぼすとき (Harvard business school press)








かわいい難関大学の受験 難関大学 受験対策 掲示板 家庭教師
http://www.biwa.ne.jp/syuichi/uni-juken-index.html
東京大学 京都大学 一橋大学 大阪大学 神戸大学 東京工業大学 東京医科歯科大学 東京外国語大学 東京学芸大学 首都大学東京 横浜国立大学 筑波大学 九州大学 北海道大学 名古屋大学 東北大学 広島大学 大阪府立大学 大阪市立大学 早稲田大学 慶應義塾大学 上智大学 同志社大学 立命館大学 関西学院大学 西南学院大学 日本大学の受験 法政大学 立教大学 明治大学 京都産業大学 東海大学 東北学院大学 甲南大学 南山大学 東京理科大学 関西大学 中央大学 青山学院大学 お茶の水女子大学 奈良女子大学 津田塾大学 神戸女学院大学 日本女子大学 東京女子大学 聖心女子大学 フェリス女学院大学 京都女子大学 武庫川女子大学 松蔭女子学院大学 北海道教育大学 弘前大学 岩手大学 宮城教育大学 秋田大学 山形大学 福島大学 茨城大学 宇都宮大学 群馬大学 埼玉大学 千葉大学 東京農工大学 電気通信大学 新潟大学 上越教育大学 信州大学 富山大学 金沢大学 福井大学 岐阜大学 静岡大学 愛知教育大学 名古屋工業大学 三重大学 滋賀大学 京都教育大学 京都工芸繊維大学 大阪教育大学 兵庫教育大学 奈良教育大学 和歌山大学 鳥取大学 島根大学 岡山大学 山口大学 徳島大学 鳴門教育大学 香川大学 愛媛大学 高知大学 福岡教育大学 九州工業大学 佐賀大学 長崎大学 熊本大学 大分大学 宮崎大学 鹿児島大学 琉球大学


受験対策 掲示板 入試対策 BBS
posted by 知的好奇心 at 08:44| 工学 電気工学 機械工学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。