2012年05月26日

企画書・報告書のExcelグラフ作成術

企画書・報告書の書き方
企画書・報告書のグラフ作成術

かわいい「企画書・報告書 Excel実践的グラフ作成術」(詳細クリック!)



<概要>
レポートや企画書に必須のグラフについて,たとえば数量の比較は棒グラフを大きい順に並べ替えておくとか,傾向は折れ線グラフで…などという基礎知識から,Excelの基本機能では描けない半ドーナツグラフや階段グラフ,2Y軸グラフ,ファンチャート,さらに標準正規分布グラフやスネークチャートなどの統計グラフまで,各種グラフの作成方法をていねいに解説した実践的な1冊。

<こんな方におすすめ>
Excelで企画書やレポートを作成する人
Excelで実践的なグラフを作成したい人
Excelのグラフ機能を使いこなしたい人

<目次>
第1章 効果的なグラフのための基礎知識

1-1 作成するグラフの目的を明確にしよう
縦棒グラフにしてみる
折れ線グラフにしてみる
円グラフにしてみる
意図を持ったグラフを用意する
1-2 基本は「比較」「推移」「割合」の3種類
大きさを比較するのは「棒グラフ」
データの傾向を示すには「折れ線グラフ」
割合を示すのは「円グラフ」
1-3 Excelに用意されているグラフの種類
折れ線グラフに棒の要素を加えた「面グラフ」
多重円グラフが描ける「ドーナツグラフ」
2組の数値データの関係を示す「散布図」
散布図の点の大きさを変える「バブルチャート」
株価のローソク足を描ける「株価チャート」
データのバランスを表現できる「レーダーチャート」
2組のデータの組み合わせの傾向を見る「等高線グラフ」
1-4 基本的なグラフの様式
必要不可欠なグラフの要素
「凡例」は原則として不要
グラフの大きさは、横置きの用紙サイズを意識する
数値軸は「0」から始めるのが基本
項目の順序は大きい順に描画する
配色や白黒のパターンにも気を配ろう
3Dグラフの使用は慎重に
第2章 Excelグラフの基礎知識

2-1 グラフの基本的な作成方法
グラフを作成する
グラフの位置や大きさを変更する
2-2 グラフの基本的な編集方法
グラフツールの各タブについて
[書式設定]ダイアログについて
2-3 [デザイン]タブを用いた主な編集方法
グラフを専用シートに移動する
全体のレイアウトを選択する
グラフのスタイルを選択する
グラフの種類を変更する
データ系列の方向を変更する
2-4 データ範囲を指定するいろいろな方法
離れたセル範囲からグラフを作成する
複雑なセル範囲からグラフを作成する
2-5 あとから追加したデータをグラフに反映する
カラーリファレンスで参照範囲を変更する
テーブルを利用してグラフを作成する
2-6 グラフを印刷する
グラフだけを用紙いっぱいに印刷する
第3章 グラフを編集する基本操作

3-1 グラフ要素を意識して書式を設定する
グラフ全体に装飾効果を適用する
グラフの右側に線を表示する
グラフタイトルを追加する
グラフタイトルにセル内容を表示する
軸ラベルを表示する
凡例をグラフの下に表示する
元データの数値を表示する
元データの数値表全体を表示する
3-2 グラフ種類やデータを考慮して軸の書式を設定する
目盛の最大値/最小値を設定する
目盛の数値を万単位で表示する
数値軸の数値を任意の書式で表示する
補助目盛線を表示する
第4章 データの大きさの比較を表現する

4-1 大きさを比較するグラフの種類
縦棒グラフの基本形
横棒グラフの基本形
集合縦棒グラフの基本形
積み上げ横棒グラフの基本形
4-2 大きさの差を強調するように装飾する
棒の太さを太くする
横棒グラフを元の表と同じ並び順にする
積み上げ棒グラフに区分線を表示する
積み上げ棒グラフに合計値を表示する
大きさの異なるデータを2Y軸の棒グラフにする
4-3 特定のデータを強調する
特定の棒の色を変える
グラフ内に図形の吹き出しを挿入する
グラフ内に目標値の横線を入れる
棒グラフの途中を波線で省略する
4-4 棒グラフの視覚効果を高める
3D棒グラフの視点を変更する
絵グラフを作成する
集合積み上げ棒グラフを作成する
集合積み上げ棒グラフの間隔を調整する
第5章 データの推移や傾向を表現する

5-1 推移を表示するグラフの種類
折れ線グラフの基本形
面グラフの基本形
5-2 データの推移をわかりやすくする
データマーカーを目盛線の位置に合わせる
折れ線グラフが途中で切れないようにする
横軸も数値の折れ線グラフを描く
横軸が日付データの折れ線グラフを描く
横軸が時刻データの折れ線グラフを描く
対数目盛軸を利用する
階段グラフを描く
5-3 データを比較しやすくする
データマーカーの形状を見やすくする
系列名を折れ線に直接表示する
積み上げ面グラフの積み上げ順を変更する
2Y軸の折れ線グラフを作成する
折れ線と縦棒の混合グラフを作る
ファンチャートを作成する
株価チャートを作成する
第6章 割合や内訳を表現する

6-1 割合を表示するグラフの種類
円グラフの基本形
帯グラフの基本形
6-2 円グラフを見やすくする
円グラフに項目名と構成率を表示する
円の中心にタイトルを表示する
円の中心に合計値を表示する
円グラフに白黒模様を設定する
6-3 特定のデータを強調する
特定の扇形だけを切り出す
特定の扇形だけに色を付ける
円グラフの基線の角度を変更する
補助棒付き円グラフを利用する
6-4 データを比較しやすくする
帯グラフに構成率を表示する
多重円グラフを作成する @
多重円グラフを作成する A
半ドーナツグラフを作成する
第7章 相関関係やバランスを表現する

7-1 相関関係やバランスを表示するグラフの種類
散布図の基本形
バブルチャートの基本形
レーダーチャートの基本形
等高線グラフの基本形
7-2 データを比較しやすくする
散布図の点に項目名を表示する
バブルチャートの大きさの差を強調する
塗りつぶしレーダーチャートを作成する
等高線グラフの目盛間隔を変更する
等高線グラフの塗りつぶし色を変更する
7-3 特別なグラフでバランスを表現する
濃淡グラフを作成する
上下対称の棒グラフを作成する
左右対称の棒グラフを作成する
スネークチャートを作成する
第8章 ミニグラフを作成する

8-1 「データバー」でセルに横棒グラフを表示する
売上を入力したセルにデータバーを表示する
データバーの設定を変更する
左右対称の横棒グラフを表示する
セルに横棒グラフだけを表示する
8-2 「スパークライン」でセルにグラフを表示する
折れ線スパークラインを表示する
縦棒スパークラインを表示する
勝敗スパークラインを表示する
第9章 グラフを分析に利用する

9-1 「ヒストグラム」を作成する
9-2 「箱ひげ図」を作成する
9-3 折れ線グラフに「エラーバー」を表示する
9-4 「標準正規分布」グラフを描画する
9-5 「近似直線」を追加する
第10章 描画したグラフを活用する

10-1 グラフをコピーする
別シートにコピーする
グラフをシートごと複製する
10-2 ExcelのグラフをWordに貼り付ける
10-3 元データとのリンクを解除する
10-4 グラフを図としてコピーする
10-5 よく使うグラフを「テンプレート」に保存する
グラフテンプレートとして保存する
グラフテンプレートを利用する









台風Microsoft Office Excel


本プレゼンテーション の ベストセラー









<ウルトラブック>
ウルトラブックは、インテルが2011年に提唱した、薄型軽量ノートパソコンのカテゴリ
ウルトラブック
ひらめき「ウルトラブック」











ペンビジネススキルとキャリアアップの情報掲示板


posted by 知的好奇心 at 21:44| 情報工学 コンピューター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

米国特許

米国特許.jpg

ひらめき「最新版 要点早わかり 米国特許入門」(詳細クリック!)


<概要>
米国で特許出願するうえで,米国代理人に任せきりにすることはできない。最終的な判断は依頼人がしなければならないからである。そのためアドバイスをしてくれる米国代理人とうまくコミュニケーションするためには,技術知識や英語力だけでは不十分である。本書を読めば,米国特許制度についての基本的な知識を持つことで,代理人が何を言いたいのか,どのように答えればよいのかなどがよく理解できるであろう。先願主義への移行を含む最近の米国特許制度に対応。

<目次>
第T部 米国特許出願入門

第1章 米国の特許制度

1. 米国特許出願手続の流れ
2. 米国特許制度の特徴
3. 改正米国特許法の要点
第2章 米国の特許出願

4. 出願に必要な書類
5. 明細書
6. 要約文
7. 図面
8. 明細書の三要件(米国特許法第112条第1項)
9. クレーム(特許請求の範囲)
10. クレームの本体部
11. 独立クレームと従属クレーム
12. 特殊なクレーム
第3章 出願関連書類に関する知識

13. 特許出願のデクラレーション(特許出願宣言書)
14. デクラレーションと宣誓書の区別
15. 譲渡書と登記
16. 情報開示申告書(IDS)
17. 米国特許出願料金
18. 小企業,非営利団体への料金割引制度
19. 優先権主張
第4章 出願に関するその他の知識

20. 米国特許出願の種類
21. 米国でのPCT 国際出願
22. 米国国内段階出願
23. 仮出願
24. デザイン特許
25. 植物特許
26. 共同発明者と発明者の訂正
27. 書類の提出方法
28. 出願受領書と出願日と当初開示
29. 早期審査
30. 特許審査ハイウェイ
31. 対外国出願許可と出願ファイルの閲覧
32. 米国の出願公開制度
33. 米国出願公開の例外
34. 情報提供制度
35. 代理業務

第U部 米国特許審査入門

第5章 米国特許出願の審査

36. 限定要求
37. 下位選択要求
38. 出願審査とオフィス・アクション
39. 米国代理人によるオフィス・アクションの検討
40. 米国代理人へのインストラクション
41. 旧法の新規性拒否(2011年法前の102条)
42. 2011年法の新規制拒否 先行技術の定義
43. 新規性拒絶に対する対策
44. 進歩性拒絶とその対策(米国特許法第103条)
45. 拒絶に対するデクラレーションの提出
46. 法定特許対象
47. 二重特許拒絶
48. 補正と新規事項
49. 明細書,クレームの補正
50. 応答期限と期間延長
51. 放棄出願の復活と審査の中断
52. 最終拒絶(ファイナル・オフィス・アクション)
53. 最終拒絶後の補正
54. 継続出願とRCE(継続審査請求)とCPA(継続審査出願)
55. 審査官とのインタビュー(面接)
56. 審判手続
57. 審査理由書
58. 冒認手続
第6章 特許許可,特許発行,その後

59. 許可通知と発行料の納付
60. 許可通知後の補正,特許発行の延期と辞退
61. 特許期間と特許維持料
62. 特許期間の調整
63. 特許期間の延長
64. 訂正証明書とディスクレーマ
65. 付与後レビュー
66. 査定系再審査
67. 事者系レビュー
68. 発行出願とその他の訂正
69. 補充審査

第V部 米国特許訴訟入門

第7章 特許侵害

70. 特許侵害の分析
71. 特許侵害の形態
72. 輸出入による特許侵害
73. 医薬の認可申請による特許侵害
74. 使用に基づく侵害抗弁(先使用権)
第8章 特許訴訟の概要

75. 特許侵害訴訟の流れ
76. 米国の特許侵害訴訟の特徴
77. 訴状と答弁書
78. ディスカバリ(情報開示手続)
79. 特許控訴での証人
80. サマリ・ジャジメント
81. 公判(トライアル)
82. 陪審評決
83. 立証責任と立証基準
84. 公判後の申立,判決,控訴
85. 損害賠償
86. 判決の拘束力
87. 裁判以外の紛争解決手段
88. IT 訴訟
・資料1 米国特許等問合せ先・情報源
・資料2 米国特許審査手続マニュアル(MPEP)の構成
・資料3 米国特許法(米国法典第35巻)の目次
・資料4 米国特許法施行規制の目次
・資料5 米国特許法重要条文抜粋
・資料6 米国特許・デザイン特許・植物特許サンプル

<著者プロフィール>
木梨貞男(きなしさだお)
大阪大学工学部を卒業し通商産業省特許庁に入庁。特許庁審判部審判官を経て米国弁護士。1999年に米国弁理士,CAFC弁護士,2001年に日本弁理士として登録。現在,米国特許弁護士。著書として『ポイント解説 欧州特許入門』(発明協会),『形状記憶合金応用アイデア集』(共著)(工業調査会)がある。

本木梨貞男 著書 (詳細)








位置情報United States Patent and Trademark Office
http://www.uspto.gov/
アメリカ合衆国特許商標庁のサイト

位置情報35 U.S.C. Patent Laws
http://www.uspto.gov/web/offices/pac/mpep/documents/appxl.htm
米国特許特許法(英語)


位置情報米国 知的財産に関する情報
http://www.jetro.go.jp/world/n_america/us/ip/news/
ジェトロ(日本貿易振興機構)内の情報


























<TOEICのスコアを上げる>
グローバル化した現在、海外勤務のみならず、国内勤務でもビジネス英語力を重視する企業が増えています。


















<マイルがたまるカード>
ANA JCBカードなら、使うたびにマイルがもらえる。
入会マイルももらえるお得なクレジットカード。



















ビジネススキルとキャリアアップの情報掲示板

posted by 知的好奇心 at 20:37| 法学 法律学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年05月17日

美しい石の図鑑

美しい石の図鑑
美しい石の図鑑

ぴかぴか(新しい)「不思議で美しい石の図鑑」(詳細クリック!)


著者:山田英春

幻想的で宇宙的、その不可思議な「石の風景」で、古代から人々を深く魅了してきた瑪瑙(アゲート)やジャスパー。ほかにも、サンダーエッグ、セプタリア(亀甲石)、孔雀石、オパール、菱マンガン鉱、風景石、瑪瑙化した木や恐竜の化石、隕石など、著者秘蔵の名品約380点が見せる、美麗な模様の世界。
鉱石や貴石ファン、パワー・ストーン愛好者、デザイナー、あらゆる石好き、不思議好きに捧げる、驚異のオールカラー石図鑑です。




<主な内容>
瑪瑙の世界 WORLD OF AGATES
  瑪瑙とは何か
  ・縞瑪瑙 BANDED AGATES
   メキシコの縞瑪瑙/アルゼンチンの縞瑪瑙
   ボツワナの縞瑪瑙/ドライヘッド・アゲート
   ブリテン島の縞瑪瑙/オーストラリアの縞瑪瑙
  ・レース・アゲート LACE AGATES
  ・インクルージョンのある瑪瑙 AGATES WITH INCLUSIONS
   デンドリティック・アゲート/プルーム・アゲート
   モス・アゲート/セージナイト・アゲート、チューブ・アゲート
   仮晶の瑪瑙
  ・サンダーエッグ THUNDEREGGS
  ・複合的な瑪瑙 IRREGULAR AGATES

ジャスパーの世界 WORLD OF JASPERS
   オーシャン・ジャスパー/円形の模様のあるジャスパー
   モリソナイト/ウィロー・クリーク・ジャスパー
   さまざまなジャスパー/フリント/苦灰岩/流紋岩

石は描く VARIOUS DESIGNS OF ROCKS
   セプタリアン・ノジュール
   孔雀石/チャロアイト/シャーレンブレンド
   コロイト・オパール/ラリマー/ティファニー・ストーン 
   バリッシャー石/セラフィナイト/菱マンガン鉱
   タイガーズアイ、タイガーアイアン、ピーターサイト  
   ラブラドライト/ルビー/鉄隕石

風景石の世界 LANDSCAPE STONES
   パエジナ・ストーン/風景石の謎/様々な風景石
   デシューツ・ジャスパー

石化した世界 PETRIFIED WORLD
   珪化木/珪化した生物の化石/瑪瑙化した恐竜の骨
   瑪瑙化した恐竜の糞


石の模様.jpg




ペン書評・岡田 温司(西洋美術史家・京都大教授)
http://www.yomiuri.co.jp/book/review/20120326-OYT8T00517.htm
 人間は古くから石に魅せられてきた。古今東西を問わず、石器や装飾品としてばかりか、占いや呪術、護符や治癒の手段として用いられてきた歴史がある。本書はそんな石の魅力を、石が見せる造形、つまりカット面を磨いたときに見えてくる多種多様な模様を通じて余すところなく伝える。
 石の中には、幾何学的な模様、文字や目玉、動植物たちの姿が隠れている。まるで風景画のような模様を示す「風景石」は、シュールレアリスムの芸術に影響を与えた。古代ギリシアや西洋中世、日本や中国の伝説や神話、さらに博物学や火山学や考古学を縦横無尽に横断しながら展開される著者の説明も読みごたえがある。おまけに、瑪瑙(めのう)の採集からカット、研磨の工程まで解説。著者のコレクションという美しい石の図版と含蓄ある解説をひもときながら、ゆったりと休日の午後のひと時を楽しむのに格好の書だ。
(2012年3月26日 読売 新聞)


本週刊文春 2012年5月24日号 (2012年5月17日発売)
世にも奇妙な「石」アート−地球が生んだ真の抽象画!?
撮影・山田英春、著「不思議で美しい石の図鑑」







位置情報メノウ - Wikipedia
メノウ(瑪瑙、碼碯、agate、アゲート、アゲット)は、縞状の玉髄の一種で、オパール(蛋白石)、石英、玉髄が、層状に岩石の空洞中に沈殿してできた、鉱物の変種である。
ジュエリーや数珠に使われることも多い。最近は、穴を開けた球状の縞瑪瑙に、ゴムや紐を通し、ブレスレットやペンダントなどのアクセサリーとしても使われる。
多孔質であるため、人工的に染色が可能である。












不思議で美しい石の図鑑
posted by 知的好奇心 at 02:02| 科学 化学 物理学 生物学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。