2011年11月11日

鉄道技術(鉄道車両技術,安全対策,高速鉄道,電気工学,研究) 掲示板

<鉄道技術>
山手線と東海道新幹線.jpg

ひらめき「山手線と東海道新幹線では、どちらが儲かっているのか?」










イベント「鉄道技術展」
http://www.mtij.jp/
鉄道技術の展示イベント

<出展製品>

位置情報鉄道車両
車両技術 (構造、部品・材料、管理、力学、検査・保守)、省エネルギー車両

位置情報旅客部
旅客部構造 (構造、部品・材料、管理、力学、試験・検査・保守)、快適性・安全性の追求、ユニバーサルデザイン、バリアフリー

位置情報軌道構造
軌道技術(構造、部品・材料、管理、力学、検査・保守)、架線、トンネル、橋梁、高架橋、信号保安装置、電力供給技術、車両基地、車両工場、防災技術(地震、降雨、降雪、強風、斜面の危険、河川の氾濫など)

位置情報運行システム
車両制御技術、気象情報、輸送計画、安全と運転事故防止対策、電力供給計画(省エネルギー対策)、鉄道通信・無線、路線計画、騒音・振動対策、運行情報、

位置情報乗客利用部
構造物技術、駅の快適性(安全、ユニバーサルデザイン、バリアフ リー、照明・LED)、防災対策、線路上空利用、旅客営業のための設備、駅中ビジネス、駅周辺の開発計画、予約システム、

位置情報交通システム
超高速鉄道、都市高速鉄道、路面電車、モノレール、新交通システム、都市交通・急こう配鉄道、地下鉄、貨物、

位置情報海外の鉄道事情
鉄道技術、鉄道の輸出入、









位置情報公益財団法人 鉄道総合技術研究所
http://www.rtri.or.jp/index_J.html
車両、土木、電気、情報、材料、環境、人間科学など、鉄道技術に関するあらゆる分野を対象


位置情報一般社団法人 日本鉄道技術協会
http://www.jrea.or.jp/
鉄道技術の進歩改善、鉄道技術に関する知識の普及及び鉄道技術者の技術の向上を促進、支援
(1)鉄道事業に資する技術の進歩改善に関する調査研究
(2)鉄道の安全に関する調査研究
(3)鉄道におけるサイバネティクス技術に関する調査研究及び規格の制定、管理
(4)鉄道技術に関する文献・資料の収集、整理、保管
(5)鉄道技術に関する研究報告書、技術情報誌、図書の刊行及び鉄道技術に関する知識の普及
(6)鉄道技術者の表彰
(7)鉄道技術に関する研究会、講演会、講習会、見学会などの開催
(8)海外鉄道との技術交流の促進
(9)その他、この法人の目的を達成するために必要な事業




鉄道技術.jpg
本「定刻発車 日本の鉄道はなぜ世界で最も正確なのか?」 (詳細クリック!)


本「電車の運転」 運転士が語る鉄道のしくみ (詳細クリック!)


本「車両研究」で広がる鉄の世界 設計の意図と理由が見える本 (詳細クリック!)


本「配線略図」で広がる鉄の世界 路線を読み解く&作る本 (詳細クリック!)



<鉄道のテクノロジー>












イベント電車鉄道



鉄道技術(鉄道車両技術,安全対策,高速鉄道,電気工学,研究) 掲示板


posted by 知的好奇心 at 02:20| 工学 電気工学 機械工学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月08日

ロボットテクノロジー(人型ロボット,医療ロボット,介護ロボット)ロボット工学 掲示板

ホンダASIMOから小型ジェット機.jpg

ひらめき「Honda 明日への挑戦: ASIMOから小型ジェット機まで」 (詳細クリック!)


位置情報「ASIMO」(Honda)
http://www.honda.co.jp/ASIMO/
ホンダのヒューマノイド ロボット(人間型ロボット)

ペンホンダ:ロボット「ASIMO」の新型発表 自ら判断し行動
http://mainichi.jp/select/wadai/graph/20111108_2/
 ホンダは2011年11月8日、人間型ロボット「ASIMO」の新型を発表した。自動制御装置を新たに搭載して自律性を高め、人の操作を介さず連続で動き続けるようになった。知能、身体両面での状況適応能力も向上させ、公共の場所などでの実用化に近づいた。同社は「『新型ASIMO』は、周囲の人の動きに合わせて自ら行動する『判断』能力を備えたことによって、これまでの『自動機械』から『自律機械』へと進化した」としている。
 知的能力については、各種センサーからの情報を総合的に判断し、周囲の状況や自身の行動決定などを行うシステムを新たに開発。行動の途中でも相手の反応に応じて行動を変えたり、人の動きなどに合わせて対応できるようになった。視覚センサーと聴覚センサーを連動させ、顔と音声を同時に認識することで、人には難しい複数人の発話を同時に聞き分けられるという。
 身体能力も高まった。従来よりも脚力を強くしたことや脚の可動域を拡大したことに加え、着地位置を動作中に変更できる新たな制御技術を取り入れたことで、歩行や走行、バック走行、片足ジャンプ、両足ジャンプなどを連続して行えるように。これにより、凹凸のある路面でも安定姿勢を保って歩けるなど、外部の状況の変化に、より柔軟に適応できるようになった。
 作業機能については、手には手のひらに触覚センサー、5本の指にそれぞれ力センサーを内蔵し、指は独立して制御できるように。視覚や触覚と組み合わせた物体認識技術と組み合わせることで、瓶を手に取ってふたをひねり、中身の液体を軟らかい紙コップに注ぐなど、器用な作業が可能になった。複雑な指の動きが必要な手話表現もできるという。









ロボットテクノロジー.jpg

ひらめき「ロボットテクノロジー」 (詳細クリック!)
(*)ロボットフロンティア;最先端科学との融合領域
(*)ロボットシステム;様々なロボットハードウェア
(*)ロボットアプリケーション;様々な領域へと挑戦するロボット技術
(*)ロボットハードウェア;ロボットハードウェアの新潮流
(*)ロボットソフトウェア;ロボット制御用ソフトウェアの進化
(*)ロボットモーション;ロボットの運動生成技術
(*)ロボットパーセプション;ロボットのための認識・計測技術
(*)ロボットコンテスト;ロボットコンテストの歴史と現状





イベント「国際ロボット展」
http://www.nikkan.co.jp/eve/irex/
産業用・民生用ロボットおよび関連機器の展示イベント。
製造業の発展に大きく貢献してきたロボット技術は、生産現場から私達の生活の場までその活躍を拡げ、モノづくり・安全安心・医療福祉の分野でも諸問題の解決に向けて挑戦を続けています。相次いで開発され、実用化に近づいているSR(サービスロボット)やRT(ロボットテクノロジー)は、新しい産業創成の担い手としての期待が高まっています。


イベント「ROBOTECH次世代ロボット製造技術展」
http://www.micromachine.jp/
MEMS(微小電気機械素子システム)、超精密・微細加工、ナノテク、バイオと応用システム・サービスロボット要素技術に関する見本市イベント。


イベント「ロボカップジャパンオープン」
http://www.robocup-japanopen.org/
ロボカップは、ラジコンのような人の操作によらず、自分で考えて動く自律移動型ロボットたちの競技会です。2050 年までに、人間のワールドサッカー優勝チームに勝てる、自律移動のヒューマノイドロボットを完成させるという、壮大な目標を立てた研究者、企業、学生が集い、一般の方にも最新の成果を披露する場として開催。


イベント「ロボット大賞」
http://www.robotaward.jp/
ロボット大賞は、世界をリードする新産業創造に向けて、ロボット技術の革新や需要の喚起を目的として、産業・公共・生活分野において、今年活躍した、将来の市場創出への貢献度、期待度が高いロボットを称える表彰制度です。








位置情報「社団法人 日本ロボット工業会」
http://www.jara.jp/
ロボット及びそのシステム製品に関する研究開発の推進及び利用技術の普及促進等を行うことにより、ロボット製造業の振興を図るとともに、広く産業の高度化及び社会福祉の向上に資し、ひいては国民経済の健全な発展と国民生活の向上に寄与することを目的としています。


位置情報「介護ロボット普及推進事業」
http://www.kaigo-robot-kanafuku.jp/
我が国は世界でも経験したことのない超高齢社会を迎えます。私たちは、介護分野が直面する課題(例えば、介護する側の負担軽減、介護される側の自立支援)の解決などを目的に、全国に先駆けて介護ロボットの普及を実証する「介護ロボット普及推進事業」に取り組んでいます。


位置情報「トヨタ パートナーロボット」
http://www.toyota.co.jp/jpn/tech/partner_robot/
「人との共生」を目指して、医療、介護、生活、仕事のシーンで、人のパートナーとして人をサポートするパートナーロボットの開発を進行中。










ロボットイノベーション.jpg

ひらめき「ロボットイノベーション」 (詳細クリック!)
人間の代わりをするレスキューロボットや戦争ロボットから、
日本のロボット研究が得意とするヒト型ロボットまで、
次世代のモノづくりの核となる研究を紹介。
ビル・ゲイツの記事「ホームロボット時代の夜明け」も収録。






いい気分(温泉)注目の話題
http://googletopic.dtiblog.com/



ロボットテクノロジー(人型ロボット,医療ロボット,介護ロボット)ロボット工学 掲示板
posted by 知的好奇心 at 22:40| 工学 電気工学 機械工学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月01日

折り紙アート芸術

<神谷哲史「神の折り紙」>
一枚の紙で折られた驚くべき芸術作品



かわいい神谷哲史「神谷流創作折り紙に挑戦! 創作アイデアの玉手箱」 (詳細クリック!)
折り紙作家。1999年に弱冠17歳でTVチャンピオン第3回折紙王選手権で優勝。以降、第7回まで5連覇。











<インテリアにもなる作品>
川崎敏和の折り紙インテリア.jpg

ひらめき川崎敏和「折り紙夢WORLD」 (詳細クリック!)



<川崎敏和>
数学教師で博士号も持つ川崎敏和さんが折るバラは「川崎ローズ」として世界的に有名。













いい気分(温泉)注目の話題
http://googletopic.dtiblog.com/
ラベル:折り紙アート
posted by 知的好奇心 at 19:28| 音楽 芸術 美術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

アラン 幸福論

ペンアラン - Wikipedia
エミール=オーギュスト・シャルティエ(Emile-Auguste Chartier, 1868年3月3日 - 1951年6月2日)はフランスの哲学者。アラン (Alain) というペンネームで知られる。ノルマンディー地方のモルターニュ=オー=ペルシュ生まれ。エコール・ノルマル・シュペリウール卒業後、リセの教師となる。 過去の偉大な哲学者達の思想と彼独自の思想を絶妙に絡み合わせた彼の哲学講義は、学生に絶大な支持を受け、彼の教え子達の中からは、後の哲学者が多く輩出されている。女流哲学者のシモーヌ・ヴェイユは彼の教え子。 ルーアンのリセで教えていた時に、アラン名義で「デペーシュ・ド・ルーアン」紙にコラム「プロポ (propos)」を寄稿し始める。
平和主義と反戦思想を持ちながら、46歳で、第一次世界大戦に志願して従軍。3年後に除隊してアンリ四世校の教職に戻る。
65歳で教職を退職し、83歳で亡くなるまで執筆活動を続けた。









TV「100分 de 名著 アラン 幸福論」(NHK教育)
http://www.nhk.or.jp/meicho/famousbook/07_bonheur/index.html
不幸をなげき悲しみ、他人や社会のせいにするのはたやすい。しかし自己憐憫からは何も生まれないとアランは述べる。そして幸福を得る方法としてまず大事なのは、不幸の原因を見詰め、対処法を見つける事だという。そしてアランは、気分が沈まないようにするため、意識的にあくびや背のびをして気分をリラックスさせるといいと語った。第1回では、誰にでも出来る幸福への道筋を解説、負の感情にとらわれないようにする術を学ぶ。

位置情報第1回:人は誰でも幸福になれる
 2011年11月 2日(水)午後10:00〜10:25
 不幸をなげき悲しみ、他人や社会のせいにするのはたやすい。しかし自己憐憫からは何も生まれないとアランは述べる。そして幸福を得る方法としてまず大事なのは、不幸の原因を見詰め、対処法を見つける事だという。そしてアランは、気分が沈まないようにするため、意識的にあくびや背のびをして気分をリラックスさせるといいと語った。第1回では、誰にでも出来る幸福への道筋を解説、負の感情にとらわれないようにする術を学ぶ。

位置情報第2回:人生の主役になれ
 2011年11月 9日(水)午後10:00〜10:25
 アランは幸福の例として芝居をあげる。つまらない芝居を見ると退屈する。しかし自分が芝居に出る時にはつまらない芝居でも退屈しない。だから「幸せになりたい人は舞台に上がらなくてはならない」とアランは言う。幸福を得るためには、人生の主役になって前向きに努力することが何より大切だ。もちろん努力は苦しいことでもある。しかし人は苦しさを乗りこえた時こそ、幸福を感じる。棚ぼた式の幸せはありえないとアランは記した。

位置情報第3回:ダンスのように人とつきあう
 2011年11月16日(水)午後10:00〜10:25
 礼儀を知らない人はよい人間関係を築けない。そのため人は礼儀を学ぶ必要があるとアランは言う。アランは礼儀とはダンスのようなものだとした。規則だけ覚えても、自然に動けるようにならなくては、ダンスにならない。過剰に意識するのではなく、半ば無意識のうちに相手に敬意を払えるようになること−それが礼儀だとアランは説いた。ありのままの相手を受け入れられる広い心を持つ、それも幸せには大切なことなのだ。

位置情報第4回:幸福になることは義務である
 2011年11月23日(水)午後10:00〜10:25
 幸福論の終盤でアランは「幸福とは義務である」と結論づける。ひとりひとりが幸福であろうと決意することが社会全体をより良くするとアランは考えたのだった。最終回では、合田さんに加え、幸福論のファンだという、諏訪中央病院名誉院長の鎌田實さんをスタジオに招く。震災など、社会全体が未曾有の困難に直面している今、アランの言葉をどう受け取るべきなのか。幸福は人の「徳」であると位置づけたアランの真意に迫る。

アラン幸福論.jpg

ひらめきアラン「幸福論」










(*) 注目の話題
http://googletopic.dtiblog.com/


<効能からさがす温泉宿>


ラベル:幸福論
posted by 知的好奇心 at 04:30| 文学 哲学 宗教 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。